最新の歯科保存学・接着歯学で歯を守る治療を

〒246-0022 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境21 大岡ビル104号
相鉄線三ツ境駅 南口より徒歩5分

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~18:00 × ×

△:14:00~17:00/休診日:木曜、日曜、祝日

お電話でのご予約はこちら

045-367-4180

当院のむし歯治療

当院では歯のもっとも外側にあるエナメル質を大切にし、歯を残すことを第一とした治療をご提供。またなるべく削らず、痛みが少ない治療にも取り組んでいます。

日本歯科保存学会専門医が
「歯を残すこと」を第一に考えた治療を行います

30年(※)の経験があり、日本歯科保存学会専門医・指導医の資格を持つ院長が「歯を残すこと」を第一に考えて治療を行っています。豊富な治療経験を活かし、できるだけ体に優しく、早期に症状を改善させる治療をご提供。

むし歯の7割は、一度治療した歯がまたむし歯になってしまう「二次むし歯」です。二次むし歯は、詰め物や被せ物が劣化してできた歯との隙間に、細菌が侵入することで引き起こされます。

当院では歯を二次むし歯から守るために、最新の接着歯科治療をご提供しています。むし歯の部分を取り除いた後に、歯の表面に「接着性レジン」という樹脂を塗り、「人工エナメル質」を作製。これによって歯を守り、再度むし歯になることを防ぎます。

当院の院長は、日本接着歯学会 接着歯科治療認定医でもあり、長年、接着歯科治療(歯科用接着剤を応用した治療)を研究してきました。人工エナメル質を作る治療は、接着歯科治療認定医だからこそできる治療です。
                       (※2019年現在)

歯の構造

エナメル質の保存を大切にする理由とは

当院がエナメル質の保存を大切にしているのは、エナメル質が歯を細菌から守る役割を担っているためです。

歯は、エナメル質・象牙質・歯髄(神経)の3層構造。その中でも1番外側にあるエナメル質は、人体の中でもっとも硬い組織で、お口の中の細菌から歯を守っているのです。そのため、エナメル質が削られてしまうと、歯が無防備な状態となり、むし歯菌が歯の中に侵入しやすくなってしまいます。

だからこそ当院では、大切な歯を守るために、エナメル質をなるべく保存していくことが重要だと考えているのです。

なるべく削らない、痛みの少ない治療をしています

3MIX治療のメカニズム

当院では、患者さまが感じる痛みを軽減するために、歯を削る量を最小限に留めています。いきなり削るのではなく、まずはむし歯の状態を検査し、初期の場合は様子を見たり、歯質を強くするフッ素を塗布したりして、継続的に観察。むし歯の進行を的確に判断し、治療が必要なタイミングを見逃さないようにしています。

また削る必要がある場合でも、必ず拡大鏡(歯科用のルーペ)を使って患部を拡大し、むし歯に侵食された部分だけを削ります。
実は、むし歯に侵食された歯の組織は基本的に死んでいることと同じなため、削っても痛みはありません。

むし歯の治療で歯を削るときの痛みは、健康な組織を削っていることが原因です。健康な歯を削らないことで、麻酔をする必要がないほど、痛みを軽くすることが可能になります。

むし歯が進行した重度のむし歯の場合、最小限に歯を削った後に「ドックベストセメント」や「3MIX」など、殺菌・無菌効果のある薬剤を使った治療行い、なるべく神経を取らずに痛みの少ない治療をご提供しています。

こちらの治療は、症状によって適用外になる場合もあります。治療可能かどうかは、お気軽にご相談ください。

むし歯治療の流れ

むし歯の検査

検査器具やレントゲンで、むし虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

むし歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

むし歯の部分を取り除く

むし歯の病巣を取り除きます。

歯の神経まで虫歯が達している場合は、症状に応じて殺菌・無菌効果のある薬を使用した治療や神経の治療を行います。

詰め物や被せ物を装着

むし歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

むし歯を再発させないために、定期健診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

医院からのお知らせ

健診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。2ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

045-367-4180
045-367-4180

〒246-0022
神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境21
大岡ビル104号

相鉄線三ツ境駅 南口より徒歩5分